読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忙しくても解禁は。

今年は例年にない忙しさ。

しかし、我がままな僕はその日の為に着々と準備を始め、その日を迎えた。

勿論いつもの川で。

そこの川を教えてくれた大先輩と熊さんも来てくれ前夜祭スタート。

心配していた雪も無く、山にはカラカラに乾いた薪が沢山あり長い夜の暖は確保でき一安心。

やはり、寒い夜には暖かい焚き火が最高のご馳走ですからね。

酒と焚き火。

あ〜〜なんて幸せなんだろう。

気が付けば日が変わろうとしている。

暖かいシュラフに身を包み朝を迎えた。

ゆっくり準備していると、一台車が来ました。

釣り人のようで、川を見ているが、こちらは見ない。

支度を始めるので、声を掛け、沢割りの話しをした。

出来れば、先に声を掛けて貰いたかった。

気を取直し、八海山で川と釣り道具にお清め。

各々違う沢にスタート。

帰って来たな。いつもの川。

相変わらず、ヤマメ、イワナが顔を出してくれます。

時間が怪しくなって来たので足早に上流に。

居た!デカイヤマメが!

そ〜〜っと近づき仕掛け入れたら、静かに目印が動き出した。

掛けた瞬間にデカイと分かりました。

一人で6時間釣り上がり、帰りは林道を下りました。

日陰には雪も残り、蕗の薹はまだ出ていませんでしたが、春の足音が直ぐそこまで来ています。

自然のありがたさを堪能出来ました。

Ps:写真容量大きすぎたのでまた編集してアップします。