読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクは流々、仕上げをご覧じろ

数年後には

自動運転される車が公道を走る可能性があるほど、

その分野の技術は進歩してきていますが、

こういった自走の技術が四輪だけではなく、

二輪の方にも導入されつつあるようですね。

ホンダは先日、米ラスベガスで開催されたイベントで、

ライダーが乗っていなくても自立できるバイク

【ホンダ・ライディング・アシスト】を公開したんですね。

このバイクはライダーがバランスを崩しても、

バイク自体がバランスを保ち、

低速走行時や停止時のふらつきや転倒を防ぐ技術が使われてましてね。

二足歩行型ロボット【アシモ】などの研究で培った

バランス制御技術を二輪車に応用したものだそうですね。

しかもこのバイクは、

バイクから降りたライダーの後をついてくるという、

完全自走ができるそうなので凄いですよね。

「自走できるバイクなんて凄いよね〜」

「何言ってんだ、自分で走るバイクなんて、

1970年代からあったじゃないか」

・・・それは多分【仮面ライダー】の中での話だと思うんですけどね。

そもそも何でこのバイクを開発したのか、

その理由は何かという事があるんですが、技術者の方は、

『オートバイというのは、スピードが出ている時は凄く楽しいが、

渋滞などでゆっくり走る時はバランスを取るのが難しいので、

そういったネガティブな要素を技術で助けたいと思ったから』

と仰ってましてね。

今、バイク人口も減っているそうなので、

この新たな技術が、バイク人口減少に

歯止めをかけてくれるのではないかという

期待も込められているようですね。

それにしてもバイクが自走している姿を見ると、

中に誰か入ってるんじゃないかと

思ってしまう人もいるんじゃないですかね。

「あのバイクって、中に人が入ってるらしいよ」

「やっぱりそうか〜。最近【エスパー伊東】が

引退するかもなんてニュースが出てたけど、

バイクの中に押し込められるのはキツかったんじゃないのかな?」

「えっ、あの人が入ってたの?知らなかった〜」

「・・・お前たちバカじゃないの?

バイクの中に人が入ってるわけないだろ。

アシモ】が中で踏ん張ってるんだよ」

そのアシモの中を調べてみたら、

寺田心君が入ってたりしましてね・・・。

このバイクのニュースを見ていた母親が、

「バイクでさえ自立できるのに、お前ときたら・・・」

なんてな事を言いながら、

自立できないニートの息子を見てきたりしましてね。

さらに返す刀で、

「バイクでさえちゃんと立つのに、あなたときたら・・・」

なんてんで、最近めっきり弱くなった夫の方を見てきたら、

何も言わずに俯くしかないでしょうね。

微笑亭さん太