読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かと外食した時、その店が不味いともうそいつとは2度と会いたくなくなる

私はドールが好きだけど、だからと言って何でもいいわけではない。

例えば巷で人気のリカちゃん、一人もお迎えしてないし、今後することもないと思う。

リカちゃんの、あの視線が横に向かっているのがどうしても無理。

それは子供の頃からずっとそうで、だからいつもジェニーと遊んでいた。

例えばブライスだって、OFとか髪色でお迎えしたいかどうか決まるし、それはバービーやEAHでも同じこと。

プーリップとかmomokoとかは嫌いだし、SDやアンティークドールもどうでもいい。

だからプレゼントでドールをリクエストすることは絶対にない。

でも夫だけは別で、何故なら私が100%好みの子を見つけてくれるから。毎回びっくりする。

私のドール趣味は、私の両親と夫、義両親しか知らない。

知らないというか、身内に改めて話したことがない。

多分夫の兄弟やその家族は何となくわかっているんだろうけど、極力触れないようにしているのがわかる。

姪はドールが大嫌いだし、それなのにいい歳のBBAがバービーだモンハイだなんて、あちらにしたら基地外に他ならないだろう。

でもそれでいい。的外れなバービーとか貰っても、扱いに困るし。

私はドールが好きだからこそ拘りがあって、それは値段やブランドではなく、只々自分が好きかどうかで決まる。

別に人に言えないとかじゃなくて、善意で貰った物が気にいらなかった時に困るからってだけ。

夫はこの趣味に何一つ文句を言わない。

だって彼はスターウォーズに狂ってて、フィギュアやらおもちゃやらを買い漁ってるから、正しくは言えないんだ。

でも自分の為に何かを買うって素敵なことだし、彼にとってそれがスターウォーズだし、好きなだけやればいいと思ってる。

今年の彼の誕生日プレゼントは、AT-ATのロボットで決まり。