読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新人

今朝は途中で中消○署近くのコンビニに寄って弁当を買ったが、その時に丸坊主のスーツ姿で見るからに緊張感漂う新人だ。

ふと手元みると制帽を持っているではないか。新人消○士だ。

仲間と待ち合わせていたようで仲間が来たら、ほっとした表情が初々しいねー。

頑張ってと声かけたかったが、変なおじさんになりそうなので、心の中で頑張れーと応援。

1号もこうだったなーと思い出した。これから地獄の訓練が始まる。耐えて慣れて一人前の○防士になることを目標に頑張る事でしょう。

でも実戦配置の消○署より、実は学校の方が楽だった、ということが後々わかることでしょう。

1号もそういっていた。しかしこれからの同期はもしかすると一生涯の仲間、親友になることでしょう。

2号は先日夜またふらりと来たが、家に残っていた制服とかとりにきた。他署の同期と飯食うとかで、また嵐のように出ていったが、まー見る限りは元気でしたわ。

一応希望の職種にはなるようだけど、初めは一線より事務的な庶務からのようだ。まあ時には勉強、、ではないな仕事として前線にいくこともあるでしょう。

皆、頑張っている。