読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ:「食中毒の発生について〜1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください。〜 東京都福祉保健局」

資料を読んでいると、「乳児ボツリヌス症での死亡はまれである。」とか「はちみつ以外、原因食品が確認された事例はほとんどない。」と・・・

「1 歳以上の方がはちみつを摂取しても、本症の発生はありません。」ともありますね。

ふぅ〜ん。

「食中毒の発生について〜1歳未満の乳児にはちみつを与えないでください。〜 東京都福祉保健局」

【探知】

 2月22日(水)午後3時頃、都内の医療機関から最寄りの保健所に、「5か月の男児が入院しており、神経症状が出ている。離乳食としてはちみつを与えられているとのことである。」旨、連絡があった。

【調査結果】

・ 患者は足立区在住の5か月の男児で、2月16日(木)から、せき、鼻水等の症状を呈していた。

・ 同月20日(月)、けいれん、呼吸不全等の症状を呈し、医療機関に救急搬送され、翌21日(火)に別の医療機関へ転院した。

・ 患者は、発症の約1か月前から離乳食として、市販のジュースにはちみつを混ぜたものを飲んでいた。

・ 検査の結果、患者ふん便及び自宅に保管していたはちみつ(開封品)から、ボツリヌス菌を検出した。

・ 3月15日(水)、足立区足立保健所は、「離乳食として与えられたはちみつ(推定)」を原因とする食中毒と断定した。

・ 3月30日(木)午前5時34分に当該患者が死亡、当該保健所は、発症から死亡に至る経過等を精査した上で、本日、死亡原因はボツリヌス菌によるものと断定した。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/hodo/saishin/pressshokuhin170407.html

「第5回 特集1:乳幼児のための食品衛生 乳幼児の食中毒、アレルギー、その他の病気|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局」

乳児ボツリヌス症

 ボツリヌス食中毒は耐熱性の芽胞菌であるボツリヌス菌がビン詰めなど空気に触れにくい食品の中で繁殖するときに強力な毒素を作り、食べた人が非常に重篤な神経症状に襲われるものです。

ところが、乳幼児の場合、食べてしまったボツリヌス菌の量が少なくてもおなかの中で発芽・増殖し、毒素を作ってしまいます。

原因食品 蜂蜜

症状 初期症状 3日以上の便秘

中期以降 吸乳力の低下 泣き声が弱い 全身脱力 呼吸困難

予防方法  国産・輸入品を問わず、1歳未満の乳児に蜂蜜を食べさせないこと。

(1歳を超えれば発症しないので食べさせても大丈夫です)

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/rensai/guide26.html

「【乳児ボツリヌス症とは】」

乳児ボツリヌス症は、1 歳未満の乳児にみられるボツリヌス症である。

原因食品と共に体内に摂取されたボツリヌス菌の芽胞(植物に例えると種子の様な耐久型の菌の状態)は,乳児の腸管内で毒素を産生し,ボツリヌス症をひき起こす。

乳児の腸内細菌叢が成人と異なるために起こる疾病である。

乳児ボツリヌス症での死亡はまれである。

【症状】

便秘、筋力の低下、哺乳力の低下、泣き声が小さくなる等が認められる。

【原因食品】

乳児ボツリヌス症の主な原因食品は、はちみつである。原因不明の事例も多い。

はちみつ以外、原因食品が確認された事例はほとんどない。

【予防方法】

乳児ボツリヌス症の予防は、1 歳未満の乳児には、ボツリヌス菌の芽胞に汚染される可能性のある食品(はちみつ等)を食べさせないことである。

ボツリヌス菌

ボツリヌス食中毒等のボツリヌス症の原因菌である。

ボツリヌス菌は土壌や海、川などの泥砂中に分布している。

酸素の少ない環境を好む菌で、芽胞を作る。ボツリヌス菌の芽胞は熱に強く、低酸素状態に置かれると発芽・増殖し、ボツリヌス毒素を産生する。

はちみつ自体はリスクの高い食品ではありません。

1 歳未満の乳児にはちみつを与えてはいけませんが、1 歳以上の方がはちみつを摂取しても、本症の発生はありません。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/hodo/saishin/pressshokuhin170407.files/nyuujibotu.pdf

■乳児ボツリヌス症で死亡=国内初、蜂蜜が原因―東京都

(時事通信社 - 04月07日 20:01)