読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元輝のセクハラ物語【後編】

こちらの続きですhttp://SNS.jp/view_diary.pl?guid=ON&id=1959756481&owner_id=12563671

なんとも恐るべし、幼稚園児です

みかこ先生は抵抗出来ず、おっぱいを吸われ続けた

元輝『この感触たまりませんな』

みかこ先生『元輝くん、やめなさい』

元輝『それでは次はお風呂ということで(  ̄▽ ̄)』

みかこ先生『元輝くん、セクハラするなら一緒にお風呂には入らないから』

元輝『僕が一人だと溺れてしまうので』

みかこ先生『溺れません』

元輝『だったら僕も入らない』

みかこ先生『ダメよ。そんな不潔なことしたら』

みかこ先生は元輝をお風呂に入れないのは職務放棄になると思い、意地でも入れようとした。

結局、仕方なく元輝とお風呂に入ることにした。

服を脱いだとき。

元輝『みかこ先生の下着だ』

匂いまでかいでいた。

みかこ先生『元輝くん』

みかこ先生“完全にスケベおやじだ( ; ゜Д゜)”

結局、お風呂で体を洗ってたら。

元輝『ああ、たまりませんな』

下半身をみかこ先生にくっつけた。

みかこ先生『やめなさい』

そして、湯船に浸かってるとき。

元輝はみかこ先生にぴったりくっついていた

みかこ先生“元輝くんの下半身が立ってる”

元輝『僕もみかこ先生の体に興奮してしまいって( ̄∇ ̄*)ゞ』

みかこ先生“いくらエロPの息子だからってこんなんで大丈夫なの”

それからというもの元輝のエロの日々は続いた

みかこ先生が着替えてたら、後ろから抱きついてスケベおやじのような目をして胸を揉みまくり。

耳元でエッチな囁きをする。

みかこ先生は誰にも相談出来ずに悩んでた

みかこ先生“子供のしたことに波風たてるのもちょっと…”

そんなある日

山下家の夕食会の席でみかこ先生は思い切って打ち明けた

小山『元輝くんが( ; ゜Д゜)』

山P『よく言い聞かせます』

ひかる『あなたそうゆう問題じゃなくて』

みかこ先生『そうゆうことなので辞めさせていただきます』

結局みかこ先生は退職になった。

後日

山P『元輝、みかこ先生にセクハラしたらだめだろ』

元輝『パパ、子供にしたことに厳しすぎる大人がすれば問題だけど』

山P“口が達者だ┓( ̄∇ ̄;)┏”

山P『ひかるも少し、元輝に甘すぎる。のびのびとおおらかに育てるといってるけど、ひかるは元輝を甘やかしてるだけだ』

ひかる『そんなに言うならあなたも元輝ともう少しコミュニケーションを取ってね。忙しいのもわかるけど』

元輝『そうだそうだ。パパは厳しくするわりには自分は赤西のおじちゃんとつるんでるんだから┓( ̄∇ ̄;)┏』

山P『セクハラの話をしているのに話をすり替えるな。そうやって話をごまかす人間にはなったらダメだ』

ひかる『あなた、子供は大人を見てるものよ。これを機にジャニーさんのいうことを聞いて控えるものは控えて欲しい』

山Pは何も言い返せません

END…

みなさんいかがでしたか

今回はエッチな短編でした

またまたエッチな短編を書かせていただきます

それでは次は関ジャニ∞・たっちょんメインの物語になります

二代目エロPメインのジャニーズ日記になりました