読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆今日4月19日誕生日はこの方!

 おはようさんです。気がつけばあと数日で日の出は5時前になるんですね。早朝から青空に白い雲、朝日が新緑の露を照らしてすがすがしい気分にしてくれます。去年の今頃は一連の熊本地震の被害の報道が続いていました。一年過ぎてこのところの話題は・・・すがすがしい話は探すのに苦労が要りますねぇ。その熊本県のPV。先ダッテもNHK総合で確か再放送+編集に思いますが「歴史秘話ヒストリア 〜 熊本城 愛と努力の400年!」は良い番組でしたね。それに負けない地元からのこちらです(-_^)。宮本武蔵役は彼が熊本にやって来た年齢に近く雰囲気から俳優の宇梶剛士(54歳)で脇を固めるのは京都を拠点の活動の劇団ヨーロッパ企画が協力。実は6話までありますがダイジェストのこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=fEFWjCNmg-0&feature=youtu.be

 そして東日本大震災で広範囲に甚大な被害のあった東北太平洋側、こちらは岩手県のPV。舞台は陸前高田を舞台に出身の俳優の村上弘明がお父さん役ですね。海に向かって「バカヤロー!」、これは外せないシーンですね。山に向かっては格好つきません。結構、山に人が居たりして・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=gAk-nrYuv2c&feature=youtu.be

 去年は鳥取でも強い地震がありました。毎年どこかで地面が揺れて天気も荒れて被害が出ますが、辛い時も和顔愛語と信念で頑張ろうニッポン!

フットボールの楽しさ伝播のため愛の玉蹴り伝道師(笑)が凹まずお薦めの今日の動画はこれだ(-_☆)V!CL、いやはや激闘の準々決勝第二戦の一日目でした。スペイン勢強いですねぇ。明日、取り上げたいです。ハイ、昨日に続き今日も久保!と言っても欧州のこちら、17日のカード。久保裕也は10試合連続出場でこの試合は先発フル出場して今季途中から移籍で6点目です。

 ベルギーのこのリーグはレギュラー・シーズン上位6位までがプレーオフとしてホーム&アウェイの総当り戦が行われシーズン優勝を決めます。ヘントは久保の移籍大活躍もありレギュラー・シーズンを4位で終えて、ここまで1勝1分。アウェーのこの試合、前半23分、こぼれ球に久保は反応してボールを得ますが相手守備にカットされます。が、もたつく相手から球際の強さでカットやり返し!そしてドリブル突破して角度からしたら厳しいところを技ありは左足で蹴り込んで先制!!!結局これが決勝点となり貴重なアウェー得点。ヘントは2位浮上。1位は先だって取り上げたELでユナイテッドを苦しめたアンデルレヒトです。勝ち点6差として優勝の可能性あります。そして来季のCL出場を狙います。頑張れ、久保!

・ベルギー・ジュピラーリーグ・チャンピオンシッププレーオフ第3節 スポルティングシャルルロワシャルルロワFC) (0-1) KAAヘント

https://www.youtube.com/watch?v=k6IKTk19JsE&feature=youtu.be

※新規な方が見つかり難くなりつつあります(苦笑)。今年も東西ミュージシャン(楽曲指名もOK)でもぞの分野の誰でも誕生日アップのリクエスト募集中。365日いつでも歓迎。下書きは大凡作ってありますが出来たら前日より前にお願いします。

★今日4月19日誕生日はこの方!

東京府西多摩郡清瀬村(現、東京都清瀬市生まれで板橋区育ちの俳優、村野武範(1945)。劇団文学座出身でテレビのドラマ・デビューは69年NHKのその年の文化庁優秀賞受賞「走れ玩具」の主演で映画では71年「八月の濡れた砂」出演でどちらも評価。記憶は72年日テレ系青春学園ドラマ・シリーズ枠の「飛び出せ!青春」で当時はマイナーなサッカー部が舞台(笑)。その後では「くいしん坊!」で6代目くいしん坊でしたよね。

・ブラジルのペルナンブーコ州レシフェ生まれの元ブラジル代表(1993〜2003年)のFWとMF、リバウド(リバウド・ヴィトール・ボルバ・フェレイラ)(Rivaldo Vitor Borba Ferreira 1972)。1991〜92年サンタクルスFCでスタート6試合4得点→92〜94年モジミリンEC→レンタルで93〜94年SCコリンチャンスで19試合11得点→94〜96年SEパルメイラスで45試合21得点→96〜97年RCデポルティーボ・ラ・コルーニャで41試合21得点→97〜2002年FCバルセロナで157試合86得点の印象→02〜04年ACミランで22試合5得点イマイチ→04年レンタルでクルゼイロECで11試合→04〜07年オリンピアコスFC(ギリシャ)で70試合34得点と久々に活躍→07〜08年AEKアテネで35試合12得点→08〜10年FCブニョドコルウズベキスタン)で53試合33得点と頑張り→10〜11年モジミリンEC→レンタルでサンパウロFCで30試合5得点→12年カブスコルプSC(アンゴラ)で21試合11得点→13年ADサンカエターノ(ブラジル)で7試合→14年

再びモジミリンECで1試合で引退。代表では74試合35得点。2002年W杯日本での決勝戦ではロナウドロナウジーニョと共に‘3R’の攻撃陣で5度目の優勝に貢献しました。極貧の家庭育ちでユース時代は25キロの距離のある練習場まで徒歩で通った努力と忍耐と向上心の‘左足の魔術師’の誉れですね。最近は自身活躍頃に比べればラ・リーガ(スペイン・リーグ)はレベルか落ちた発言話題でしたね(^^;。

★4月19日誕生日はこの方!(新規で〜す()

■今日誕生日!カリフォルニア州ロサンゼルス生まれで香港やアメリカ各地育ちの女優、ロック・シンガー、シャノン・リー(Shannon Lee 1969)。父親截拳道ジークンドー)の始祖でもあった70年代のアクション俳優ブルース・リー(Bruce Lee)で兄も同じくのブランドン・リー(Brandon Bruce Lee)ですね。父親レイモンド・チャンドラー(Raymond Chandler)の邦題は同じ「The Little Sister)の映画化「かわいい女(Marlowe)」にまだ無名時代に殺し屋役で出演の歳に誕生。71〜73年までは香港に住み父親死去後はアメリカに戻ってロサンゼルスの他にワシントン州シアトルやカリフォルニア州ローリングヒルズ等で育ちルイジアナ州ニューオーリンズの大学卒業後91〜93年にかけて演技を学び父親と同じくアクションを主に女優として活動開始。実は父親譲りと噂のアクション物の出演作品を観た記憶は無いのですが、2003年にロック・バンドのメディシン(Medicine)に参加はニュースで知りました。

https://www.youtube.com/watch?v=eCMKy0n-gBw

◆4月19日誕生日洋楽ミュージシャン!

・フランスのセーヌ県(現、イル=ド=フランス地域圏)パリ生まれで父親の仕事でスイス・北アフリカ諸国を経て12歳からイギリスのロンドン育ちのブルース・ギタリストでピアニスト、ジャズ及びブルース系シンガーでSW、アレクシス・コーナー(Alexis Korner 1928--1984-01-01)。裕福な家庭育ちで10代はブルースを聴き漁り一時はジャズ関係のライターとなるも大戦後にギターとピアノを始め49年クリフ・バーバー(Chris Barber)に参加で本格的な音楽活動開始→シリル・デイヴィス(Cyril Davies)と出会い54年にロンドンにロンドン・ブルース&バレルハウス・クラブ(London Blues And Barrelhouse Club)を開店させやがてロンドン発疹の多くのミュージシャンを輩出。共同プロジェクトとして61年のブルース・インコーポレイテッド(Blues Incorporated)、70年コレクティヴ・コンシャスネス・ソサエティ(CCS:Collective Consciousness Society)の活動が知られています。その後のローリング・ストーンズThe Rolling Stones)のメンバーが顔を合わせたきっかけを与え、フリー(Fr

ee)の名付け親でデビューの後押しをした人物とも言われています。尊称は‘英国のブルースの父(Father Of British Blues)’の一人ですね。

・イギリスのダラム州ワシントンのファットフィールド生まれのマルチ・プレイヤー(主にオルガン・ピアノ・キーボード、ギター・ベース等)でブルース系ロック・シンガー、sw、アラン・プライス(Alan Price 1942)。7歳からピアノを弾き始め最初に影響を受けたのはスキッフルで好きだったのはジェリー・リー・ルイス(Jerry Lee Lewis)だったとか。50年代後半からバンド活動で62年参加のカンサス・シティ・ファイヴ(The Kansas City Five)は解散で新たに64年アニマルズ(The Animals)として人気爆発も65年脱退→自らバンド結成して活動。アレンジとオルガン担当の超有名な64年全米1位(年間37位)、全英1位「朝日のあたる家(The House Of The Rising Sun)」がありますね。

カリフォルニア州ロサンゼルス生まれで同州ウェストチェスター育ちのロック・シンガーでsw、マーク・ヴォルマン(Mark Volman 1947)。タートルズ(The Turtles)の結成メンバーでその後はメンバーだったハワード・ケイラン(Howard Kaylan)と70年フロウ&エディ(Flo & Eddie)のコンビで活躍しました。LAVC(Los Angeles Valley College)でコマーシャル音楽の講師→ベルモント大学(Belmont University)でエンターテイメント関連の教授に就任して奥さんと実業家としても成功らしいです。

カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのR&B・ソウル系シンガーでSW、プロデューサー、レネ・ムーア(ルネ・ムーア)(Rene Moore 1959)。先住民系アメリカ人です。78年プロジェクトのオリー・ババ(Ollie Baba)参加で知り合ったアンジェラ・ウィンブッシュ(Angela WINBUSH)とコンビを結成して80〜86年までデュオでSWコンビのレネ&アンジェラ(Rene & Angela)で成功→82年ジャネット・ジャクソンJanet Jackson)のソロ・デビューを手掛けて成功しています。87年からソロ活動。

コロラド州ボールダー生まれで両親離婚で4歳からフランスのセーヌ県(現、イル=ド=フランス地域圏)パリ育ちのロック・シンガーでSW、ピアニストでギタリスト、クリス・スティルス(Chris Stills 1974)。父親はスティーブン・スティルス(Stephen Stills)で母親はフランス出身のシンガー・ソングライターのヴェロニク・サンソン(Veronique Sanson)です。幼少時より母親からピアノを学びその後はドラムやギターの手ほどきを受けてやがてギターに夢中。パリのアメリカン・スクール在学中に作曲開始で卒業後はカリフォルニア州ロサンゼルスに移り父親のローディーをしながら音楽活動本格化。ニューヨークではレナード・コーエン(Leonard Cohen)の息子のアダム・コーエン(Adam Cohen)との活動を経て98年デビュー。その後は同世代のルーファス・ウェインライトRufus Wainwright)等ミュージシャンの録音参加等の活動を転回しています。

 こうした方々から一曲参ります。アラン・プライスです。このバンドの後追いになりますが初期の頃が一番好きです。あのVoさんばかり注目ですが彼の鍵盤の印象です。65年全米32位、全英7位、スウェーデン1位、オランダ3位、カナダ7位の自身アレンジ。プロデュースはミッキー・モスト(Mickie Most)の2枚目となる65年アルバム「アニマル・トラックス(Animal Tracks)」(全英6位)収録ですが米英で収録がかなり異なるそうです。LPの現物両方知らないので収録がどちらもあったかは判りません(^^;。

・悲しき叫び - アニマルズ

 Bring It On Home To Me - The Animals

https://www.youtube.com/watch?v=ZntYBFyuZd4

 オリジナルはご存じのこちら作、62年全米13位・R&B2位(年間4位)で録音ではバックVoはルー・ロウルズ(Lou Rawls)とか。カヴァーは↑の他に多数ですが、こちらいいですねぇ。昨夜までYouTubeにスタジオ音源視聴可能が一斉に視聴不可エリアになってました(^^;。ライヴ盤はあるんですがあえてこちらから。

・ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー - サム・クック

 Bring It On Home To Me - Sam Cooke

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10827676

★4月19日誕生日洋楽ミュージシャンはこの方!(新規これだけ)

■今日誕生日!(友達のサルサマンさんリクエストありがとうございます)。カナダのマニトバ州ウィニペグ生まれでブリティッシュコロンビア州ラングフォード育ちのロック系ベーシストでギタリスト、音楽プロデューサーで録音エンジニア、ボブ・ロック(Bob Rock 1954)。ハイスクール卒後に一時期渡英も76年に帰国してバンクーバーのスタジオで働き始めて録音エンジニアとしてまたギタリストとしてバンド活動でレコード会社と契約。80年代にはエンジニアとして手掛けたミュージシャンの楽曲がヒットし始めて評価を高めプロデューサーとしても活躍。メタリカMetallica)のセルフ・タイトル・アルバムの大ヒットは出世作となり90年代はじめにまた一時的に自身の音楽活動とメタリカの暫定ベーシストを務めますが再びプロデューサーとして活躍。近年はマイケル・ブーブレ(Michael Buble)等を手掛け多くのミュージシャンの録音に関わって成功を収めています。

選曲いただいた動画は好みとのことでこちらで、彼のプロデュースから92年全米29位、全英5位のジョン・ボン・ジョヴィ(Jon Bon Jovi)とリッチー・サンボラ(Richie Sambora)とデズモンド・チャイルド(Desmond Child)の共作。当然にプロデュースの同名アルバム(全米5位、全英1位、日本3位)から1曲目カット。ザクッと言って「信念を貫け頑張るんだ」という歌です(-_^)。

・キープ・ザ・フェイス - ボン・ジョヴィ

 Keep The Faith - Bon Jovi

https://www.youtube.com/watch?v=eZQyVUTcpM4