読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖地巡礼第2弾 横須賀編

年休を使用して、今日からGW。と言ってもナニをするでもなくダラダラしてるんですけどね。まあ、それでも初日くらいはということで、横須賀観光に行ってきました。同じ軍港の町、呉は田舎の町といった風情なのですが、横須賀は町のそこかしこにあるアメリカンな雰囲気と、時折すれ違う米海兵のせいで、米軍の基地があることを意識させられます。

まず軍港めぐりクルーズ。珍しいことに、「いずも」と「ロナルド・レーガン」が停泊していました。日米主力艦が同時に見れるとはラッキーというのでしょうか。それにしても「ロナルド・レーガン」、朝鮮沖にいるのかと思ったら、横須賀に帰ってきてました。

次に記念艦「三笠」の見学です。流石連合艦隊旗艦、威風堂々たるお姿です。艦内は資料館になっていて、「三笠」が活躍した日露戦争日本海海戦を中心とした展示でした。一つ新たに得た豆知識として、砲弾の昇降機の動力には「三笠」のころから油圧ではなく水圧を使用していたということ。艦内で説明をしていた人によると、パイプが損傷して漏れた場合、油圧だと油まみれになり後始末が大変になる。水圧なら水なので後始末が簡単という非常に合理的な理由でした。

あとヴェルニー公園にある「陸奥」の主砲を見ました。これは船の科学館に展示されていたものを移設したものです。呉の大和ミュージアムにも、ありました。調べたところ、国内に後2カ所「陸奥」の主砲があるそうです。機会があればほかの2カ所にも行ってみようかな。